聖なる痛みを抱いて

この曲の表示回数 7,345
歌手:

高橋洋子


作詞:

森由里子


作曲:

伊藤賢治


幾つ心捨てたならば君を救えるのだろう?
今日も街は深い闇に いつか呑みこまれてゆく

魂をすべて冒されたなら
人は人として生きてゆけないから
偽りも裏切りさえも僕は選ぶ

この聖なる痛みの向こう側に
どんな明日が待っているとしても
この運命抱いたままただ歩いてゆく
いつか君に会うその日まで

出口さえも見えない今 街は硝子(ガラス)の迷路
止まることも許されずに 人はさまよい続ける

寂しさと共に生きてる君よ
絶望の闇にもしも襲われても
生きていて 僕の叫びが聴こえるなら

この聖なる痛みの向こう側で
どんな場所にたどり着くとしても
罪と罰を抱きしめて行こう 君のもとへ
遥か一筋の光へと

この聖なる痛みの向こう側に
どんな風が吹いているとしても
この運命抱いたままただ歩いてゆく

この聖なる痛みの向こう側で
どんな場所にたどり着くとしても
罪と罰を抱きしめて行こう 君のもとへ
遥か一筋の光へと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:聖なる痛みを抱いて 歌手:高橋洋子

高橋洋子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-12
商品番号:MJCD-23040
マーベラスAQL

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP