試聴する

驟雨

この曲の表示回数 8,883

忘れていた 梔子の香りそよいだ
多分あなたの 心に 気がついていた
受話器置いて 窓をあけて胸をふさいだ
音もなく降る雨の音に 怯えた
何処か遠い町へ行きたい
今すぐ 旅立つ 鳥になりたい
そこであなただけを 想って生きよう
水辺に静かに 咲く花のように

忘れていた 梅の実が青く揺らいだ
子供の頃の自分を ふと思い出した
少しだけ 父と母に すまない気がした
音もなく吹く風の音に 疲れた
何処か遠い町へ行きたい
今すぐ 流れる 雲になりたい
そこであなただけを 想って生きよう
水辺に静かに 咲く花のように

忘れていた 紫陽花は色を移した
多分あなたの 心に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:驟雨 歌手:さだまさし

さだまさしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-09-26
商品番号:FRCA-1091
フォア・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP