試聴する

最後の離島

この曲の表示回数 16,682
歌手:

GARNET CROW


作詞:

AZUKI 七


作曲:

中村由利


もうすぐ聞こえる
水鳥が羽ばたいてゆく音
同じ季節 そう同じようにこの場所でまた
夕陽をみているよ

夢でもみたかのようにあっけなく
消え去ってしまう関係だとしても
味わってしまったあの愛という
美味しい気持ちつなぎ止めたくて

見失うものは何でしょう?
心の向かう場所
私ひとりだけじゃ抱えきれないよ

晴れた空とか海の色 芽吹く木々とか好きなのは
そうずっと大きな宇宙(そら)いつも感じられるように

ぎゅっと握りしめた筈の手が
ほどけてしまう よくあることね
ね.泣きつかれて眠れるにはどれ位の涙がいるの?

何一つ言えないでいたのは
何も伝わらないような気がしたから
言葉は無力でした

最後の離島へ行くのなら
何処へも行かず眠ればいい
空を渡るもの達よ 地を這ってゆくもの達よ

もうすぐ聞こえる
水鳥が羽ばたいてゆく音
同じ季節 そう同じようにこの場所でまた
夕陽をみているよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:最後の離島 歌手:GARNET CROW

GARNET CROWの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008-03-12
商品番号:GZCA-5126
GIZA(J)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP