試聴する

たまに笑ってみたり

この曲の表示回数 5,018

声が声じゃないような
音じゃないような不思議な空気
雨の音がうるさくて途切れて聞こえる
懐かしい日々
川沿いの季節色した花達が
傘を覗くから
別れなんて信じられないんだ

やがて雲の隙間から
場違いな晴れ間広がっていく
閉じた傘を滴って集まる滴に
何かが映る
川沿いの季節色した花達が
僕を見てるから
少し楽しい気持ちになれるんだ

なんでもない通りにだって
楽しいこと思い出せるんだ

川沿いの季節色した花達が
風に吹かれて
遠くまで続く流れを追ってまた
ここに戻るから

言葉よりも笑っていたいんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:たまに笑ってみたり 歌手:空気公団

空気公団の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP