この曲の表示回数 28,636
歌手:

一青窈


作詞:

一青窈


作曲:

武部聡志


途方に暮れたのは黄昏どきで
空は山まで溶け合って何処か哀しくなる
ふいに君がくれし道の標も見えなくなって
瞼閉じた後、花に聞く僕
君の耳には 辿りつけたら どんな言葉 今は開く
遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ僕

風に続き頁めくられたって
悪い気なんかしないのにね
君は先へ急ぐ
僕の耳には 辿り着くなら どんな言葉 今は開く
一回りして 去った季節の数だけを 栞はさんだ君

桜散る夕立にせかされ ひとりよがりだった僕、の想いが
はらはらと零れ舞う

君の耳には 僕の耳には 思い当たる言葉ひらく
遠回りして いつの間にやら幸せ、と 栞はさんだ春
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:栞 歌手:一青窈

一青窈の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2008/03/05
商品番号:COCP-34761
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP