おくり火

この曲の表示回数 20,771
歌手:

the GazettE


作詞:

流鬼.


作曲:

大日本異端芸者の皆様


昨日まではあんなに 明るく笑ってたのに
元気だよって僕には そう言ってたんだ
面会時間過ぎても そばに居てやりたかった
「がんばろう」って 「負けるな」って くじけそうな声で

夜が明け 町は葬儀の花を飾り 君を見送るよ
眠る君の 顔はほのかにまだ 赤みが残ってる

振り向けばいつもみたいに笑ったり泣いたりしてる
君が居るような気がして
信じる事が恐くて逃げてた情けないよ本当は
君の方がずっと辛いのにね
皆は手を合わせ 帰らぬ人に別れを

友達や親ぞくに見守られ
最期に向かいます
そして君は新しい日々へ
また歩き始める

骨になるまで炙られて 熱かったろう?
辛かったでしょ
でもきっと楽になれるよ
空へと上ったひとすじの
白煙は君の事
天国まで運んでくれるから
見上げた空は青く 君を想いいつまでも
いつまでも手を握った
振り向けばいつもみたいに
笑ったり泣いたりしてる君が居るような気がしてた
忘れないよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:おくり火 歌手:the GazettE

the GazettEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-25
商品番号:PLGC-026

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP