POGO

この曲の表示回数 5,737
歌手:

SPARTA LOCALS


作詞:

安部コウセイ


作曲:

SPARTA LOCALS


ひじょーに硬直してる顔でスケボー操る少年
そうさ捨てるもんなんか何もありゃしないぜ!!
セメント製のビルに彼はほっぺたスリつけ
冷めたパンクロックを もっと鋭くして静かに唄う

ピョンピョンと跳ね回り何かを見てる 痙攣をするほどに激しく泣いて

「夕空はぶどうみたいね」
町が囁く あくびを僕は噛み殺して黙っている
スマートな悪魔がやって来て 無言でタバコをすすめている
メリケンマッチで火をつけて 目を閉じる

ピョンピョンと跳ね回り何かを見てる 痙攣をするほどに激しく泣いて

レールの真ん中にあった猫の死骸を
都会のシャドウが伸びてきて連れ去った
ささやかな一人言は ヒコーキの音に揉み消された
誰かが背中にタッチして 逃げる

僕等はいつもポゴステップを踏んで (何も無いのに)
大空高く飛べる日を待っている (何も無いのに)
夜の (闇が)
どんどん (迫る)

「待ってくれないか?」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:POGO 歌手:SPARTA LOCALS

SPARTA LOCALSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-07-02
商品番号:UPCH-1269
ユニバーサルJ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP