試聴する

世界中の誰もが

この曲の表示回数 9,539
歌手:

上木彩矢


作詞:

上木彩矢


作曲:

大野愛果


風の中を一人歩けば 枯葉が飛んで来た
やっと自由になれたのにどうして こんなに虚しいんだろう

あんなに一人になりたかったくせに
心を傘でかくしても「バレてるよ」

世界中の誰もが 同じ夜をむかえているよ
限られた時間の中で 生きてる自分を考(かん)じよう!
世界中の誰もが 眠れない傷をかかえているよ
輝く星はいつもそこにいて この体を包みこんでゆく

大切なものが一つだけ この胸の中にある
どうかこわれてしまわないでと あたためて眠る

明日は もう少し上手に笑いあいたい
そうやって傷をおそれては「おいてきぼりだよ」

世界中の誰もが 同じ夜をむかえているよ
限られた時間の中で 生きてる自分を考(かん)じよう!
世界中の誰もが 眠れない傷をかかえているよ
輝く星はいつもそこにいて この体を包みこんでゆく

世界中の誰もが 同じ朝をむかえているよ
色づいたこの街の中で 生きてる自分を考(かん)じよう!
世界中の誰もが 目もくらむスピードにとまどっているよ
それでも誰かがどこかで この私をきっと待ってるよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:世界中の誰もが 歌手:上木彩矢

上木彩矢の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-10-10
商品番号:GZCA-5120
GIZA(J)(M)

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP