わたしの宵待草

この曲の表示回数 15,251
歌手:

浅田美代子


作詞:

小谷夏


作曲:

都倉俊一


長い髪を下ろしたの あなたのために
少しだけど背のびして 大人になったの
恋をする気持ちはおんなじね 昔も今も
庭に小さな 宵待草の 花が咲いたら
ひとつ あげましょう
あなたに あげましょう
ふたりまの横顔 月が照らす前に

長い髪を結んだの 昔のように
少しだけど傷ついて 大人になったの
あの径を小さく消えて行く うしろ姿が
指にからんだ 宵待草の花が散ったら
ひとつ忘れましょう
あなたを忘れましょう
ひとつぶ涙が 頬をつたう前に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:わたしの宵待草 歌手:浅田美代子

浅田美代子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-11-21
商品番号:SRCL-4411
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP