試聴する

夏の幻

この曲の表示回数 3,916
歌手:

クノシンジ


作詞:

クノシンジ


作曲:

クノシンジ


続いてた雨を寝過ごして目覚めた午後に
遠くから 夏を呼ぶ セミの声がしてた

夏祭り前の川原を通り過ぎた時に
日が落ちて 気がついたら よみがえる 君との夜

映し出せ幻
終わらない花火上がれ
光浴びて笑った
横顔を忘れないよ

寝付けない夜更けに二人抜け出した公園で
今一人 目を閉じたら よみがえる 秘密の夜

映し出せ幻
風に揺れた線香花火
光落ちて 闇の中
よりそった君はいない

映し出せ幻
終わらない花火上がれ
光浴びて笑った
横顔を忘れないよ

そして今僕らは
新しい夏を描く
少しずつ消えてゆく
幻を眺めながら…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏の幻 歌手:クノシンジ

クノシンジの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-09-05
商品番号:MUCT-5019
Dreamusic

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP