夏のそのせい

この曲の表示回数 13,465
歌手:

KEN-U


作詞:

K.Komiya


作曲:

M.Kamishiro・K.Komiya


すでに響くこのフロウに任せろ この町も君と流れてくメロウ
器用に体くねらせ世渡れよ 航海荒波の中さいつも
やっとたどり着くダンスホールも いつか流れ着くあんな夜も
出会いのようにしてくる別れも 音を立ててこの季節をゆこう

夏のそのせいには したくないよ君が
炎のように揺れてた 踊るその姿
今もその目線が 胸焦がすよ今夜
二人はいつもこれから このままからませた

人ごみ掻き分けて見失わないで 入り口から上の階のBARで
暗がりはその手離さないで 昼間の余熱じゃ生温かくて
火がつけばそれは止まらなくて 気がつけば肌と肌が濡れて
体伝う汗になるまで 闇に舞うだけ

夏のそのせいには したくないよ君が
炎のように揺れてた 踊るその姿
今もその目線が 胸焦がすよ今夜
二人はいつもこれから このままからませた

まるで誘う仕草なんかいかにも そう今夜奢らせてくれよってなるよ
その魅力に男は虜 熱い香りを 感じたら 舞い上がるよ どこまでゆこう
委ねたら もしも

夏のそのせいには したくないよ君が
炎のように揺れてた 踊るその姿
今もその目線が 胸焦がすよ今夜
二人はいつもこれから このままからませた

浴びるような音誘う水辺で いつだって最後までって明日へ
溺れそうなその体満たして 次から次へ空けたボトルに聞いて
ずっとただこうしていたくて ずっとこんな季節を待って
いつもより熱くて心裸で 止まれないのは何故

夏のそのせいには したくないよ君が
炎のように揺れてた踊るその姿
今もその目線が 胸焦がすよ今夜
二人はいつもこれから このままからませたのは指から

その先は 思い出せないほど前で でもはじめて そんな気もして
探してたんだなんて 明日までに 忘れてみて

夏のそのせいには したくないよ君が
炎のように揺れてた 踊るその姿
今もその目線が 胸焦がすよ今夜
二人はいつもこれから このままからませた

すでに響くこのフロウに任せろ この町も君と流れてくメロウ
器用に体くねらせ世渡れよ 航海荒波の中さいつも
やっとたどり着くダンスホールも いつか流れ着くあんな夜も
出会いのようにしてくる別れも 音を立ててこの季節をゆこう

夏のそのせいには したくないよ君が
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夏のそのせい 歌手:KEN-U

KEN-Uの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2007-07-04
商品番号:KSCL-1148
キューンミュージック

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP