春色のカーブ

この曲の表示回数 5,542
歌手:

近藤名奈


作詞:

田辺智沙


作曲:

原一博


肩からかけてくれた白いセ-タ-
大きすぎたけど 優しかったよ
まるで雲の切れ間から 指し出したように
あなたの言葉はそっと光をくれるよね いつも

風が踊っているのは 動き始めた季節のせい?
あの雲が移って行くのは 騒ぎ始めた予感のせい?
少しずつ一つずつ 春色のカ-ブ

一面 草野球の音がはじけて
両手を叩いて 応援してた
二人並んで座った川沿いの道は
ゆるやかに曲がりながら遠くまで続いているね

街が染まってゆくのは 広がりだした明日のせい?
あの空が歌っているのは 回り始めた時間のせい?
二人きり見つめてる 春色のカ-ブ

胸が弾んでいるのは 今 側にる心のせい?
何となくはしゃいでいるのは 芽生え始めた鼓動のせい?
二人きり揺られてる 春色のカ-ブ

風が踊っているのは 動き始めた季節のせい?
あの雲が移って行くのは 騒ぎ始めた予感のせい?
少しずつ一つずつ 春色のカ-ブ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春色のカーブ 歌手:近藤名奈

近藤名奈の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-03-03
商品番号:FHCF-2153
ファンハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP