夜明けの甲府駅

この曲の表示回数 7,664
歌手:

高石省三


作詞:

金井文雄・杜恒仙


作曲:

金井文雄


そうよ ここで降りたのは もしかして
そうよ あなた待っていて くれそうで
今は他人の はずなのに
口惜しくて 口惜しくて
泣いて飲み明かしても 傷ついた心を いやせずに
ひとりたたずむ 夜明けの甲府駅

いつも あなた逢うたびに やさしくて
いつも わたし逢うたびに しあわせで
夢がふたりにありました
恨んでも 恨んでも
憎むことが出来ないの
淋しい未練も思い出も
すてて流すの 夜明けの甲府駅

そうよ ここで今日からは もういちど
そうよ ここで灯りを みつけるの
きっといいこと あるようで
つらくても つらくても 涙なんかみせないわ
明日をみつめて 生きてゆく
ゆめと希望の 夜明けの甲府駅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜明けの甲府駅 歌手:高石省三

高石省三の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP