自由の鐘

この曲の表示回数 9,020
歌手:

西郷輝彦


作詞:

ちあき哲也


作曲:

筒美京平


おまえを見ていると
涙がこみあげてしまう
別れのこの時に
おまえのやさしさがわかる
お聞き あの鐘を
やがて 夜が明ける
おまえに 明日の 陽が昇る
お行き
遥かな この道
ふりむく ことはない
そして
いつかは めぐり逢う
真実の よろこびに
生きておくれ

おまえの目の前に
いるのはくるしめた男
おまえが忘れても
おまえが忘れない男
お聞き あの鐘を
やがて 夜は明ける
おまえは 笑顔を 憶い出す
お行き
心の むくままに
とまどう ことはない
そして
いつかは こんな日も
あったと かみしめて
生きておくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:自由の鐘 歌手:西郷輝彦

西郷輝彦の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-05-21
商品番号:CRCN-106
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP