かがり火

この曲の表示回数 21,301
歌手:

Cocco


作詞:

こっこ


作曲:

こっこ


うだる暑さが
もう そこまで来てた

魘されている
羊の群れ

女々しくても
勇ましくても同じ

やさしい顔で
やさしい唄を吐いて
汚してあげる

あなたに届かない
声ならいらない
一雫の血潮で
風を起こして
這うように
押し寄せて
答えだけ返して

魚座にもなれない
水瓶は尽きて

過去を潤す
井戸は涸々

火をつけるなら
惨めな約束に

沖に漂う
砂糖細工の舟を
手招くように

あなたに抱かれない
夜ならいらない
瞼に“灰かぶり”
雨ざらしの女
底つきた
乞いならば
慰めて 壊して

あなたに届かない
声ならいらない
一雫の血潮で
風を起こして
這うように
押し寄せて
答えだけ返して
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:かがり火 歌手:Cocco

Coccoの新着情報

  • 花爛新着 / ♪どこかにいれば会えるはず
  • 2.24新着 / ♪歪輩賄さようなら
  • 夕月新着 / ♪駅から少し走って君を探す
  • Gracy Grapes新着 / ♪Pouring yourself a glass
  • くちづけ新着 / ♪はなむけに呉れてやろう

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-06-14
商品番号:VICL-60576
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP