はじめての町

この曲の表示回数 6,594
歌手:

小林啓子


作詞:

茨木のり子


作曲:

小林啓子


はじめての町に 入ってゆくとき
わたしの心は かすかにときめく
そば屋があって
寿司屋があって
デニムのズボンがぶらさがり
砂ぼこりがあって
自転車がのりすてられてあって
変わりばえのしない町

見なれぬ山が迫っていて
見なれぬ川が流れていて
いくつかの伝説が眠っている
わたしは すぐに見つけてしまう
その町のほくろを
その町の秘密を

お天気の日には
町の空には
きれいないろの淡い風船が漂う

その町で生まれ その町に育ち けれど
遠くで死ななければならなかった者たちの
魂なの

はじめての私にはよく見える
そして わたしは好きになる
日本のささやかな町たちを
水のきれいな町 ちゃちな町
とろろ汁のおいしい町 がんこな町
雪深い町 菜の花にかこまれた町
目をつりあげた町 海のみえる町
男どものいばる町 女たちのはりきる町
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:はじめての町 歌手:小林啓子

小林啓子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-20
商品番号:MHCL-894
Sony Music Direct

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP