試聴する

斜陽

この曲の表示回数 29,378

鈍い黄色の夕陽が 染めた公団のむかい
ブランコさえない公園で ぼくらははじめてキスした
もう ぼくら以外のこと ほんとにどうでもよくて
ぼくが描いた自分は ただ君のためにあった

ぼくにだって それくらいはできると思ってたんだ
君のこと苦しめる 寂しさのひとつくらい
ぼくが側にいて 君を抱きしめればいい
“そう、きっとうまくいく…”って マヌケなぼくは言った

君の言葉のひとつひとつ 思い出して集めても
ぼくじゃ たぶん 見つけられない
君のなにもかも ひきうけるつもりでいた
そんなこと出来もしないくせに…

守れない約束で ぼくらは傷ついていった
君のことで消耗していく 自分が嫌いじゃなかった
ぼくのやさしさって きっと君のためじゃなく
悲劇のヒーロー気取った 見せかけのくさった心

ぼくが世界でただひとり 君を救えると思った
ばからしいって 笑われても…
ぼくらの思いだけは きっと永遠だと言った
それだけは信じていたんだ…

君の言葉のひとつひとつ 思い出して集めても
ぼくじゃ たぶん 見つけられない
君のなにもかも ひきうけるつもりでいた
そんなこと出来もしないくせに…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:斜陽 歌手:スガシカオ

スガシカオの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2006-09-06
商品番号:AUCK-11007
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP