試聴する

花と龍

この曲の表示回数 14,799
歌手:

美空ひばり


作詞:

藤田まさと


作曲:

古賀政男


花にからまる 背中の龍に
訊いてご覧よ 応えは一つ
男一代 若松港
晴れの舞台に 名を刻め

意地を捨てるか 情けを切るか
いざという時ゃ 心が決める
永く生きても 人間五十
俺の涙は 俺が拭く

俺の命は 女房にあずけ
親の心は 伜にたくす
冬の辛さを かみしめながら
やがて近づく 春を待つ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花と龍 歌手:美空ひばり

美空ひばりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-09-19
商品番号:COCA-70007
日本コロムビア

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP