同棲時代

この曲の表示回数 39,806
歌手:

大信田礼子


作詞:

上村一夫


作曲:

都倉俊一


ふたりは いつも
傷つけあって くらした
それが ふたりの
愛のかたちだと 信じた

できることならあなたを殺して
あたしも死のうと思った
それが愛することだと信じ
よろこびに ふるえた
愛のくらし 同棲時代

寒い部屋で
まぼろしを見てくらした
それが ふたりの
愛のかたちだと 信じた

泣いて狂ったあたしを抱いて
あなたも静かに泣いてた
それが愛することだと信じ
よろこびに ふるえた
愛のくらし 同棲時代

それが愛することだと信じ
よろこびに ふるえた
愛のくらし 同棲時代
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:同棲時代 歌手:大信田礼子

大信田礼子の新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-10-09
商品番号:MHCL-148
ソニー・ミュージックハウス

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP