試聴する

通りすぎた風

この曲の表示回数 19,434
歌手:

高田みづえ


作詞:

横須賀恵


作曲:

谷村新司


たしか昔に読んだある童話のように
心をちぎっては道に落して来た
迷わぬためにてだてだったけれど
時間という名の小鳥達がたべてしまった
誰のせいでもないそれは仕方がない
だけどあの時の心が残っていたら
ひたすらまっすぐにあなたを
見つめる事が出来たのに

通りすぎた心は美しい通りすぎた心は優しい
通りすぎた風はもうもどらない

ふと足もとに落ちた心をひとかけら
飢えた小鳥達が知らずについばむ
目じるしが何もなくなってしまって
あとは涙しかおとすものが残っていない
誰のせいでもないそれは仕方がない
もしも道端の涙をとりもどせたら
ひたすらまっすぐにあなたを
信じる事が出来たのに

通りすぎた涙は美しい通りすぎた涙は優しい
通りすぎた風はもうもどらない

通りすぎた心は美しい通りすぎた心は優しい
通りすぎた風はもうもどらない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:通りすぎた風 歌手:高田みづえ

高田みづえの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-03-26
商品番号:TECE-35393
テイチクエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP