試聴する

パンドラの恋人

この曲の表示回数 20,733
歌手:

南野陽子


作詞:

田口俊


作曲:

亀井登志夫


とめて時間(とき)を
その唇で
まばゆい一瞬を
とめて夏を
水晶(プリズム)色に
胸にやきつけて

パンドラの小箱をあけるように
あなたの心の中
そっとのぞいたら恋はどこかに
逃げてしまうかしら
引き潮の濡れた砂
あなたの背中
後ろから抱きしめて
鼓動だけ感じたい

燃える想い
ねえ切なくて
一秒がつらいの
たとえ誰か 悲しませても
もう離れないで

白い帆(セイル)の方舟に乗って
陽炎の外海を
誰も追いかけて来ないところへ
漂流(なが)されて行きたい

あざやかな夏の影
落とす陽射しが
空色を染めながら
この胸にあふれるの

燃える想い
ねえ苦しくて
頬にこぼれたなら
抱いて強く 眩暈(めまい)するほど
もう離れないわ

とめて時間(とき)を
その唇で
まばゆい一瞬を
とめて夏を
水晶(プリズム)色に
胸にやきつけて
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:パンドラの恋人 歌手:南野陽子

南野陽子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-08-21
商品番号:SRCL-4333
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP