花舞

作詞:阿久悠
作曲:三木たかし
発売日:1995/11/25
この曲の表示回数:17,543回

花舞
あれは昔というほどの
遠いことでは ないけれど
女ひとりの 生きるみち
曲りくねって遠くなる
季節季節に花があり
咲いて乱れて 散り急ぎ
人の出会いの数々も
色とりどりの花の舞

なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女

白くまぶしいやわ肌に
人の嘆きをからませて
時にためいきすすり泣き
だけど怨みは しなかった
耐えてしのんだ つぼみにも
今日を限りの花びらも
生きるさだめの風が吹き
折れよとばかり 花の舞

なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女
なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 3:45

  1. さくらの唄

    美空ひばり

  2. Clara

    Rei

  3. 再愛

    山川豊

  4. 弦哲也

  5. Rain of Dream 夢の罪

    西城秀樹

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成