試聴する

花舞

この曲の表示回数 10,882
歌手:

梅沢富美男


作詞:

阿久悠


作曲:

三木たかし


あれは昔というほどの
遠いことでは ないけれど
女ひとりの 生きるみち
曲りくねって遠くなる
季節季節に花があり
咲いて乱れて 散り急ぎ
人の出会いの数々も
色とりどりの花の舞

なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女

白くまぶしいやわ肌に
人の嘆きをからませて
時にためいきすすり泣き
だけど怨みは しなかった
耐えてしのんだ つぼみにも
今日を限りの花びらも
生きるさだめの風が吹き
折れよとばかり 花の舞

なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女
なぜ なぜ なぜ 女
この世でおまえ なぜ 女
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花舞 歌手:梅沢富美男

梅沢富美男の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1995-11-25
商品番号:PSCR-5426
ポリスター

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP