花とみつばち

郷ひろみ

花とみつばち

作詞:岩谷時子
作曲:筒美京平
発売日:1994/11/02
この曲の表示回数:46,217回

花とみつばち
どうでもいいけど 帰るのいるの
夜明けだよ まぶしいのは裸の胸さ
どうでもいいけど そばへおいでよ
今夜までおぼえておこう 赤いくちびる
君と僕のふたりが
おぼえたての蜜の味
指をかたくからませ
背中にくちづけ
僕たちふたりは 春咲く花とみつばちさ
肩の上に とまっていたい

どうでもいいけど 涙が出てる
わからない 幸せなら笑っておくれ
どうでもいいけど 今夜も逢える
その気ならどこでも行こう 地の果てまでも
君と僕のふたりが
おぼえたての蜜の味
指をかたくからませ
背中にくちづけ
僕たちふたりは 春咲く花とみつばちさ
ひざの上に とまっていたい
言葉はいらない 愛して愛され
嵐がこようと 離れはしないさ

言葉はいらない 愛して愛され
嵐がこようと 離れはしないさ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません