花とみつばち

この曲の表示回数 26,126
歌手:

郷ひろみ


作詞:

岩谷時子


作曲:

筒美京平


どうでもいいけど 帰るのいるの
夜明けだよ まぶしいのは裸の胸さ
どうでもいいけど そばへおいでよ
今夜までおぼえておこう 赤いくちびる
君と僕のふたりが
おぼえたての蜜の味
指をかたくからませ
背中にくちづけ
僕たちふたりは 春咲く花とみつばちさ
肩の上に とまっていたい

どうでもいいけど 涙が出てる
わからない 幸せなら笑っておくれ
どうでもいいけど 今夜も逢える
その気ならどこでも行こう 地の果てまでも
君と僕のふたりが
おぼえたての蜜の味
指をかたくからませ
背中にくちづけ
僕たちふたりは 春咲く花とみつばちさ
ひざの上に とまっていたい
言葉はいらない 愛して愛され
嵐がこようと 離れはしないさ

言葉はいらない 愛して愛され
嵐がこようと 離れはしないさ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:花とみつばち 歌手:郷ひろみ

郷ひろみの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-11-02
商品番号:SRCL-3020
ソニー・ミュージックレコーズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP