月飼い

作詞:新藤晴一
作曲:Tama
発売日:2004/06/21
この曲の表示回数:69,471回

月飼い
月を飼うのと真夜中に
水槽を持ち出して窓辺に置いた
いとも簡単に捕獲された
小ぶりな月が水面に浮かぶ

飽きもせずに触れもせずに君は眺めていた

東から漕ぎだした舟は
やさしい夜風を受けて
西へ行く遥かな時間を
たゆたう想いを乗せて

大事にしてねと月を残し
別れも告げずに君はどこへ
月と僕とがふたりきり
朝陽がさしたら ひとりきりで

君とならば行けると思っていた暗雲の先

朝が嫌い 君が言ってた
全てを白々と見せる
はじらう夜 ウソも痛みも
綺麗に隠してくれる

窓の外に水を捨てた 月を空にかえした

東から漕ぎだした舟は
やさしい夜風を受けて
西へ行く遥かな時間を
たゆたう想いを乗せて

恋人よ 最後の恋人
その舟にちゃんと乗れたかい
恋人よ 僕も向かおう
歩くスピードで近づこう

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:01:00

  1. ハート
  2. アイラブユー
  3. 明け星
  4. Rocketeer
  5. 阿修羅ちゃん

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 明け星
  2. Rocketeer
  3. Brighter
  4. 阿修羅ちゃん
  5. こたえあわせ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照