眠りの森

この曲の表示回数 6,581

雨を嫌うように 片隅で咲く
1輪の花になる 泣き顔を見せない
少女は いつだって1人ぼっちだよ

違う もうここには 居場所がない
テーブルを片付け 日記を捨てる
違う もう空気が 拒んでいる
裸足のままで 逃げ出したくなる

印されてく 胸に焼きついた
痛みは やがてどこへ?
昔の人 それだけになれる
私は来るの?

壊れた時計の中で 踊りつづけてる
小鳥のように 私の指が探すの
ぬくもり あなたの長い影を

違う もうここには 誰もいない
培った日々さえ 簡単に消える
時間が過ぎるのが ただ怖いの
決して戻らないと 証明するようで

眠りの森 2人の中にも訪れてくれるだろう
愛した人 それだけに変わる
知らないうちに もう2度と2人
姿を見せない それぞれが
風に、森に、雪に、還るの…

印されてく 胸に焼きついた
痛みは やがてどこへ?
昔の人 それだけになれる
私は来るの? 眠りの森

眠りの森
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:眠りの森 歌手:こだまさおり

こだまさおりの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP