Winter Shadow

この曲の表示回数 5,121
歌手:

鶴久政治


作詞:

売野雅勇


作曲:

鶴久政治


Sunset 冬の海岸線
エンジンを切るとほら 波が悲しく騒ぐ
もう逢えなくなるね…って
君が書いた手紙に 夕映えの赤さ
ひとつの未来しか 選べないねと
震える声がする あいつと競った君の…
あの冬の日に 戻って訊きたい
力づくで奪えば よかったのかと
ねぇ俺たちは 間違っていたの
きっと君はひとりで 誰より傷ついてたね

North Wind 防波堤の上で
肩車してはしゃぐ 君とあいつを見てた
風邪ひいたようだからと
二人にキーを渡し 駅に急いだよ
冷たい手のひらを 額にあてて
「さよなら…」と言ったら 涙があふれてきたよ
愛してないと 二つの嘘をつき
大切だった二人を 失くしたんだね
勇気が もっと あればよかった…と
手紙に君が添えた写真の
裏の文字さ あの冬の日に 戻って訊きたい
力づくで奪えば よかったのかと
勇気が もっと あればよかったね
三人が笑ってる 写真の影が泣いてる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Winter Shadow 歌手:鶴久政治

鶴久政治の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP