沈丁花

この曲の表示回数 14,313
歌手:

松たか子


作詞:

松たか子


作曲:

日向敏文


幼いあの頃の 散歩道に
そっと 咲いてた 白い沈丁花
何となく大人の 香りがする
あの白い花が とても好きでした

公園には まわる地球
自由に遊んでいた
あの頃よりちょっと 臆病になった
こんな私を 守って下さい

偶然たどり着く 夜の海に
ぼんやり浮かんだ 船をながめてた
ねえ笑わないでね そんなことでも
幸せに思う ちっぽけな私を

あなたが知っていることと
私が知ってること
これからもずっと 分かちあえたならと
思うんだ ねえそれでいい?

いつもは言えなくて その横顔を
見ている一瞬で 思うことがあるの
幼い頃に見た 映画の記憶
何度も読んでた 小さな絵本達

けんかしても 泣かないのに
感動すると すぐ泣く
それが宇宙では わずかな時間でも
私はこうして 生きてきました

あの頃よりちょっと 臆病になった
こんな私を 守って下さい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:沈丁花 歌手:松たか子

松たか子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2001-06-13
商品番号:UPCH-1074
ポリドール

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP