試聴する

Piercing

この曲の表示回数 700

真夜中 二時過ぎ
何ももう通らない道を怯えた目で
野良猫が彗星みたいに渡ってく

終わらない傷があの子にもあるとして
いつか癒えるのかな
信号は点滅をするだけで

笑った顔や素敵さを知る度に
狂った顔が割り出されて
高鳴りは泥濘みの中
止まりかけるけど君を知る度また加速してく

だから
そばに居たいのさ、ベイベー
溢れる気持ちに素直になって
幸せに出来るんなら良いけど

歪なピリオドの恋で疼く傷のせいで
君をいつか傷付けてしまうような予感が

未だ拭えないから

傘を誰もが開く中で
何も気にせず君は進む
「こんなの雨なんて言わないよ」って

ピアスに滴る雨を見て
幸せになれる人なんだなって
瞳を急いで乾かして

言葉一つで僕らは永遠にもお終いにも近付けるけど
どちらなら君の事を幸せに導いてやれるでしょう
とぼけさせて

だけど
そばに居られたなら、ベイベー
優しさとわがままに挟まれて
何が何だかもう分からなくて

言う気の出ない言葉は喉を下って
窓に雨は鞭を打ってうるさくって
今日もここから出られないまま
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Piercing 歌手:Ghost like girlfriend

Ghost like girlfriendの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/11/18
商品番号:UPCH-20565
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP