試聴する

ピクニック

この曲の表示回数 10,116
歌手:

ガロ


作詞:

山上路夫


作曲:

堀内護


君は靴をぬいで はだしで駈けるよ
木もれ陽がゆれてる 丘の上をひとり
街で見るよりも ウラララ
子供に見えるよ ウラララ
君の無邪気な姿を はじめて見つけた
こんなとこで君と いつかは暮らしたい
大きな夢など 何もいらないから
アー 愛し合う 時はすぎてゆく
もしも出来るならば 今このひとときを
いつまでも二人で つづけてゆきたいな

君がこしらえた ウラララ
ステキなランチだ ウラララ
君と僕とを見ている 小さな浮雲
若い時はいつか 消えてくものだから
大事にしようよ 素晴らしいこの時
アー 愛し合う 時はすぎてゆく
もしも出来るならば 今このひとときを
いつまでも二人で つづけてゆきたいな
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ピクニック 歌手:ガロ

ガロの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-11-20
商品番号:MHCL-183
ソニー・ミュージックハウス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP