試聴する

大阪へやって来た

この曲の表示回数 16,476
歌手:

友部正人


作詞:

友部正人


作曲:

友部正人


南へ下る道路には避難民があふれ
僕は10トントラックで大阪へやって来た
インターチェンジはいつも雨の匂いでいっぱい
だから僕はやせながらぬれて立つ

それはほんのささいなことで
僕は酔っぱらっていたのかも知れないんだけど
僕がやって来た夜
御堂筋はレース場で 心斎橋はこの世の人だまり
その中を真夜中にうろつく僕には今
何の地位も将来も約束されてはいない

南へ下る道路には避難民があふれ
僕は10トントラックで大阪へやって来た
インターチェンジはいつも雨の匂いでいっぱい
だから僕はやせながらぬれて立つ

スポーツ新聞はいつも阪神のことばかりかきたてている
おおげさな競馬の報道は貧乏人をくいものにするし
うたいたかったけどそんな場所もなくて
僕はいつも求人広告を持ち歩いたんだ
でも行ってみるといつもだまされてしまう
尼ガ崎の鉄工所へ行った時なんか たった千円しかくれないし
その上命の保障もないんだ

南へ下る道路には避難民があふれ
僕は10トントラックで大阪へやって来た
インターチェンジはいつも雨の匂いでいっぱい
だから僕はやせながらぬれて立つ

友だちもいつか名前だけになってしまうことを知っている
いつのまにか手をとり合うだけのエゴイズムと
すり変わってしまうんだ
長髪を風になびかせる自称ヒッピーたちでさえ
新しいコートがなかなか肌になじまないこと知っている
ものすごくたくさんの広告がいろんなスタイルを要求するけど
でも家をでることだけが自由じゃないと思うんだ
あれはいけない これがいいのさ でももう結構
僕は誰が素敵な奴かを知っている

南へ下る道路には避難民があふれ
僕は10トントラックで大阪へやって来た
インターチェンジはいつも雨の匂いでいっぱい
だから僕はやせながらぬれて立つ

何もかも関係なくなればいいと思うことがある
とても眠たい朝 僕は大阪駅に立たずんでいたんだ
そうさ 誰もがあせりすぎているんだ
走って行く人 ころぶ人 くつを忘れた人
かかとがかけてしまって歩けない人
朝から晩までラッシュアワーだ
まるで恋をする勇気もないまま

僕もあんたもうらみ合いをくり返している
夜にはひま人が金と麻薬を持ち歩く
もし君が宿なしなら夜中にうろつかない方がいいよ
ましてやポケットに百円ももってないなら
へたするとやくざとおまわりの思いのままになってしまうよ

誰かが言ってたっけ? お前は気楽に暮らしてていいって
じょうだんじゃないや 何が気楽なもんか
いつまでたったって落ちつくあてもなく
まるでいくじがないまま まだフラフラしている
一年中わびしくてやりきれない町 それが大阪
でもそれがいいのかもしれないなと思う時がある

クリスマスにあの娘に赤ちゃんが生まれるんだって
とても小さな女の子でみんなでかけたんだ
顔のぞきこんで 男か女か
今じゃその娘タバコもラリることもやめたんだ
みんなでおいわいしてあげたいんだけど
その娘大阪の女の子なんだよ

南へ下る道路には避難民があふれ
僕は10トントラックで大阪へやって来た
インターチェンジはいつも雨の匂いでいっぱい
だから僕はやせながらぬれて立つ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:大阪へやって来た 歌手:友部正人

友部正人の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002/10/09
商品番号:IOCD-40026
avex io

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP