試聴する

invisible

この曲の表示回数 1,551
歌手:

teto


作詞:

小池貞利


作曲:

小池貞利


涙が枯れる頃に
アスファルトも乾いて
街灯は瞬いている
点滅繰り返し
まるで俺の気分を
映し出している

身体は透き通って
誰にも気付かれず
どうやら俺は今
無意味で無価値でいるようだ
このまま此処に居た
証が無くなるというなら
その前にただひとつふたつみっつよっつ

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう そうか

目の前で交わされた
愛の誓いを告ぐ花嫁の
傷ついた数を上回る
包み込む甘いキスを
佇んで眺めていた

夕暮れ過ぎた頃
少し着膨れた子どもが
自転車で俺をすり抜け
家で待つ母に愛に行く
このまま此処に居た
証が無くなるというなら
そのまえにただひとつふたつみっつよっつ

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう そうか

日が出る前に
月が欠く前に
夢になる前に
お前を見つけに

焦がれる程に恋してみたい
溢れる程に愛してみたい
透明のままであれば叶うことはないのでしょう
誰からも相手にされずに
このまま消えてしまう前に
どこからか呼ばれた声が
微かに色づけてくれるのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:invisible 歌手:teto

tetoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020-06-10
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP