光の道

野口五郎

光の道

作詞:小渕健太郎
作曲:小渕健太郎
発売日:2020/05/06
この曲の表示回数:11,603回

光の道
幾重の時を 駆け抜けながら
列車がここに 帰って来るように
あの日と同じ ホームに立って
この街を出た 朝の僕を見てる
揺れる想いを乗せて 動き出す窓の向こう側
何かを伝えようと駆け寄り
手を振る影が カーブの先に消えてゆく

涙拭いた数だけ 変わる明日の方へ
夢のレールを敷き詰めた あて無き道
一人走り続けた 笑顔なくさない様に
戻れない空が恋しい日は
思い出すあの声を どこまでも 遠く

絵葉書がわり 移ろう風に
音色を付けて 描き続けた日々
あなたに届くのなら 心の帳に沈めた
二度とは 浮かばぬ 悲しみにも
海より深い愛を注ぐ メロディーを

涙拭いた数だけ 変わる明日の方へ
夢のレールを敷き詰めた あて無き道
一人走り続けた 笑顔無くさない様に
戻れない空が恋しい日は
思い出す あの声を どこまでも

遠く空を渡る 群れからはぐれそうな一羽を
探して流れる 気流の様な温もりに包まれて
いつか小さな街に 咲いた一輪の歌
万斛の風に吹かれた 時という光の道

涙拭いた数だけ 変わる明日の方へ
今も導く夢のレール 片方は
きっとあなたでした ずっとそばにいました
広い背中を見上げる様な空
澄み渡る ありがとう いつまでも
遠く 愛を

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません