君あり故に我あり

私の闇は私がケリをつける
過去は過去故に変えられぬ
忘却の彼方にさまよう記憶
振り返る時ほど痛みは蘇る
理性と情 乖離する我が身
肉体は1つ故に鳥肌が立つ
理解と体験は違う
人は人故に一人では立てず
自問自答繰り返して成る
ユングの夢分析も役には立たず
難しいことほどまず単純に
ややこしい時ほど素直に
勝つ策略を立てず心のまま
知恵が邪魔する時がある
息を整えてなすがままに
光を待つ今は慌てずに

見上げればいつも同じ空
覗いてるビルの隙間
迷いを見透かした
光が優しく包むのさ
見上げればいつも同じ空
歩いてるビルの隙間
迷いを見透かした
仲間が優しく笑うのさ

かすかな光 それこそが頼り
風を起こして乗せるこの便り
孤独の鎖 自らほどくと
白い雲のように消えてなくなる毒
昨日よりは晴れて映るのが空
闇のそばをまた抜け切り開く
背中に一本伸びるは茨の道
目の前に今創る薔薇の道
人はすれ違い 時に争い
求めた所で理解は程遠い
想いだけが空を浮遊していく
ただ誰かが誰かを許していく
一人ではない偉大なる気づき
日々は地続き 人生書き綴り
胸に咲かせよ友のぬくもり
太陽呼び込む心の森

見上げればいつも同じ空
覗いてるビルの隙間
迷いを見透かした
光が優しく包むのさ
見上げればいつも同じ空
歩いてるビルの隙間
迷いを見透かした
仲間が優しく笑うのさ

all day all night 人は過ち繰り返す
情景は壮大 向かい風をも打ち返す
越えども越えどもまだ 足はいつもとらわれる
それでもそれでもまた
「明日はすぐそこに来ている」

見上げればいつも同じ空
覗いてるビルの隙間
迷いを見透かした
光が優しく包むのさ
見上げればいつも同じ空
歩いてるビルの隙間
迷いを見透かした
仲間が優しく笑うのさ

見上げればいつも同じ空
覗いてるビルの隙間
迷いを見透かした
光が優しく包むのさ
見上げればいつも同じ空
歩いてるビルの隙間
迷いを見透かした
仲間が優しく笑うのさ

「人は人故に一人では立てず」
「君あり故に我あり」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君あり故に我あり 歌手:神宮寺寂雷(速水奨)

神宮寺寂雷(速水奨)の新着情報

  • 迷宮壁 / ♪私が麻天狼代表神宮寺寂雷

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2020/03/25
商品番号:KICA-3285
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP