下北半島

この曲の表示回数 7,955
歌手:

下北二郎


作詞:

長平俊一


作曲:

沢田まさのり


棄てて 棄ててしまえば それまでの
背中に重たい 夢ひとつ
都落ちする おとこの胸を
支え続けた 故郷は
北の 北の最果て 下北半島

朔風(かぜ)が 朔風が身を切る 荒海で
飛沫に打たれる 親父漁船
浜で今年も 大漁唄を
唄うおふくろ 目に浮かぶ
飛んで 飛んで行きたい 下北半島

雪に 雪に埋もれた 山々に
やがては芽を吹く 春が来る
苦労七坂 いばらの道に
きっと咲かすぞ おとこ花
待って 待っていてくれ 下北半島
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:下北半島 歌手:下北二郎

下北二郎の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP