涙流れたのは

作詞:道頓堀桜
作曲:道頓堀桜
発売日:2019/10/30
この曲の表示回数:7,001回

涙流れたのは
夕暮れ染まる教室の片隅で
静かに佇む 君を見てた
触れれば壊れてしまいそうなほどに
君の笑顔は 美しかった

それから 叶わぬ思いを胸に抱き
春夏秋冬を超えて
また一つ大人になる
君は変わらずにいるのに

涙 流れたのは
夢の中の君が僕に微笑むから
涙 枯れる頃には
木の実が一つ落ちて花を咲かすのだろう

行く末知らぬ 思いの成れの果て
伸ばした手の先が 触れ合うけど

この先 交わることの無い視線
お互いの現在(いま)を含めて
「僕らはもう大人になる」
変わらない願いを込めて

懐かしいアルバムめくり
君を探してた
涙の跡が微かに滲んでた

涙 流れたのは 今でも君を想い続けているから

涙 流れたのは
夢の中の君が僕に微笑むから
涙 枯れる頃には
木の実が一つ落ちて花を咲かすのだろう

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:05:00

  1. 月と星が踊るMidnight
  2. 竹田の子守唄
  3. 初めての今日を
  4. SUGAR BOY
  5. Slight light life

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. Boom Boom Back
  2. 女のはじまり
  3. New Day
  4. アイデン貞貞メルトダウン
  5. 恋

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照