試聴する

神様は許してくれなかった (Album ver.)

この曲の表示回数 935
歌手:

片飛鳥


作詞:

片飛鳥


作曲:

片飛鳥


もう電池が切れそうな この時計の針を
無理やり動かした僕らに 選択肢はなかった
遠ざかる君と残るキズあと
二人で歩く道は行き止まりで
神様は許してくれなかった
僕らの最後の季節

雨上がりの青空と 水溜まりに映る
君のその横顔を 一生僕は忘れないよ
これは二人の罰なの?罪なの?
思い出が音を立てて崩れる
旅立つ君の背に手を重ねて
祝福を… それしかできなかった
「さあ、帰ろうよ。」 幻でも構わないんだ
夏が終わるまで

もう泣かないでほしいんだ 腫れた目に浮かぶ
夕日が君との結末(おわり)を告げるように
悲しく揺らめいた
鈴虫の鳴く声が僕を焦らせる
頑張る仕草は見せなくていいから

秋 寂しさに震えて 冬 ひとりきりだと知る
春が全ての忘れ方を教えてくれたのに
また夏が来て君を思い出す
汗を拭う姿に覚えた
感情が胸を締めつける
僕の過ち 忘れられたなら

残された世界もきっと 過去になるけど
二人で歩く道に未練が残る
神様は許してくれなかった
僕らの最後の季節
僕の最高の夏
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:神様は許してくれなかった (Album ver.) 歌手:片飛鳥

片飛鳥の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-10-02
iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP