試聴する

ヨルガオ

この曲の表示回数 2,160
歌手:

nano.RIPE


作詞:

きみコ


作曲:

佐々木淳


行かないで もう少しだけ 夜明けを待たずにどこ行くの?
きみに出会えて夜を好きになったのに またヒトリになってしまうよ

夜に咲く花のようにポツリと窓辺に現れた
あの日のままの姿を月が照らし思わず手を重ねたよ

決して触れることは出来なくても
ただそばにいる それだけで良かった

それから何度も夜をくぐり抜けては 朝になると薄れて消えた
内緒のハナシをベッドに隠して ようやく眠りに就いた

穏やかな夜を知れば知るほど怖くもなるけれど
きみの笑顔も見慣れてしまうほどに当たり前になってたの

そして隣り合ったふたりの背中に
時はそっと終わりを連れて

ぼくらは何度も手と手重ね合わせた 透けることも気付かぬふりして
内緒のハナシが増える代わりに忘れることもあったよ

そうして何度も夜をくぐり抜けては 朝になると薄れて消えた
本当のキモチをベッドに隠して あの日を繰り返してた
在る日を繰り返してた

さようなら ぼくは今夜 夜明けを待たずに眠るから
きみと過ごして夜を好きになれたよ もうヒトリで大丈夫さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ヨルガオ 歌手:nano.RIPE

nano.RIPEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-21
商品番号:LACM-14919
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP