試聴する

時の葉

この曲の表示回数 1,527
歌手:

半崎美子


作詞:

半崎美子


作曲:

半崎美子


舞い落ちたその先に
居場所などあるのだろうか
人知れず散ってもなお
光り続けている

たゆたう時の葉よ
沈まずに流されて行け
雨に打たれたとて
この身を風に預け
自分任せに泳いで行け

遠ざかる面影は
食いしばり生きた証
大切に語らずに
守り続けている

ただよう時の葉よ
止まらずに流されて行け
夜につまずいても
必ず陽は昇る
朝に任せて進んで行け

あの地平が呼んでいる
明日へ行けと
涙を伝っては 響き合う

揺らめく時の葉よ
弛まずに流されて行け
空に笑われても
この身を震わせて
自分任せに漕いで行け

たゆたう時の葉よ
沈まずに流されて行け
雨に打たれたとて
この身を風に預け
この身を震わせて
自分任せに生きて行け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:時の葉 歌手:半崎美子

半崎美子の新着情報

  • 次の空 / ♪塞いだ耳を開け放したなら
  • 灰汁 / ♪遅すぎることなんてない
  • 一緒の星 / ♪どこかでまた泣いている
  • 歓びのうた / ♪優しさなら誰にも負けない人
  • 母へ / ♪誰よりも早く朝一番に起き

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-08-07
商品番号:CRCP-40584
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP