試聴する

漸近線

この曲の表示回数 148

通り雨の気まぐれが 君の髪を濡らす
放課後の窓辺には ぬるい風が吹いた

夕暮れ 街は よそよそしく
集う 影に シミを落とす

あなたの言葉と 僕の沈黙は
同じ意味を持つから一人電車を降りた

忘れるための夢を 書き留めて話した
朝は君にとっての 掴み損ねた憧れ

小さく バターを切る姿が
滲む 影に 溶けていく

オレンジの飛行機雲が描いたの
線路上で無くした ものたち

どこでもない場所で 息を殺す二人は
声に似た気配と空を見上げた

僕が一人でも生きられるとしたら
夜が来ない星に連れて行って

雲の上を泳ぐ涙が 君の髪に触れた日よ

日々が霞み続けるようで 誓うそばから
あなたが叫んでしまう 子供になれない

僕が思い出せない愛を 描き終えたら
誰もが叫んでしまう 永久にさよなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:漸近線 歌手:ナツノムジナ

ナツノムジナの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-07-10
商品番号:PCD-83016
Pヴァイン・レコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP