シロネコ

この曲の表示回数 681
歌手:

坂本美雨


作詞:

坂本美雨


作曲:

mito


おさないキミとわたし 小さい町で出会って
7才のふたり わらう じゃれあってる写真

静かに動く 白いせなかをなでてても
キミはといえば ねむる ひたすら ねむるだけ

なみだの落ちる夜に そっと よりそうキミの
耳には ほそく 真っ赤な 生きているしるしが

ララララ…

右手はすっかり キミのやわらかさを覚えて
ヒザの上の あつい 生きている重みも

毎日を満たす いつも キミを見ているだけで
大きな瞳 私の こころを見すかした

ララララ…

どれだけ はなれていても キミはここにいるんだよ

あぁ もう9時、行かなきゃ
だけど
あとちょっとだけいっしょに…。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:シロネコ 歌手:坂本美雨

坂本美雨の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2011/05/18
商品番号:COCP-36817
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP