ハミングの色

この曲の表示回数 100
歌手:

さよならポニーテール


作詞:

ふっくん


作曲:

ふっくん


きみがなんとなく鼻唄歌うのは
いいことがあった時の癖だ

知らんぷりして
声を重ねた

真っ白な街中が塗り絵みたいに
ハミングの色できれいに染まる
きづいてきみは恥ずかしかったんだ
坂道立ち漕ぎした 風の日

ぼくがなんとなくあの歌歌うのは
きづけば浮かれてる時だ

ココロの中で
声を重ねた

褪せた想い出の鼓動うごくように
ハミングが風にまぎれてる
きづいてぼくはさびしくなったんだ
坂道ふりかえる

真っ白な街中がいつかみたいに
ハミングの色できれいに染まる
きづけば季節通り過ぎてたんだ
坂道立ち漕ぎした 幻
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ハミングの色 歌手:さよならポニーテール

さよならポニーテールの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-05-15
商品番号:TPRV-37
T-Palette Records

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP