試聴する

お・や・す・み

この曲の表示回数 10,470
歌手:

つんく♂


作詞:

飛鳥涼


作曲:

飛鳥涼


窓にうつる白い雪が ゆらゆら落ちてゆくよ
おまえは僕にもたれかかり ミルクが沸くのをまってる
心ゆくまで唇あわせて 夜の深さを感じて
このひと時よ止まれと願うのは 勝手な想いだろうか

窓からこぼれる雪灯り
二人をつつんでるようだね
こんな夜ならば
降りつもる雪のささやきを聞きながら
おまえの好きな歌 僕が歌うから
静かに 眠りの中へ…

なにも知らないおまえだから やさしく愛したいね
肩までのびたこの黒い髪 今宵は僕の腕の中

おまえのやさしい瞳が
僕の愛に輝いてる
今宵もふけたよ
めぐりめぐる夢二人で奏でよう
おまえの好きな歌 僕が歌うから
静かに 眠りの中へ…

静かに 眠りの中へ…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:お・や・す・み 歌手:つんく♂

つんく♂の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005/07/13
商品番号:EPCE-5361
ZETIMA

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP