試聴する

例えば歌が日記だったなら

この曲の表示回数 2,782
歌手:

入野自由


作詞:

入野自由・只野菜摘


作曲:

ichika


「ねぇどこから来たの」
幸せと安心を 目いっぱいにして
見つめる瞳に尋ねるあなたは

泣くしか出来ない真っ新な僕に
命を与えてくれた

その素足で大地を踏みしめて
夢と希望を掴むこと教えてくれた
時として重すぎる期待に
つぶされそうになるかもしれない
けれど 自由なのだと

さぁどこへ向かう
不安と切なさを目いっぱいにして
自分の瞳に尋ねる自分

例えば歌が日記だったなら
誰に次は紡いでいこうか

理不尽さに流されるかもしれない
どんな痛みも包みこもう おおらかな手で
負けないほどの愛と思いやりで
優しいことは強さなんだと
歌い続けていたい

大人になった僕は
大きな足でこの大地を踏みしめている
おおらかな手で夢と希望を掴んでいこう
あなたの日記が今 歌になる

さぁ
優しいことは強さだと歌おう
負けないほどの愛と思いやりで

理不尽さに流されるかもしれない
どんな痛みも包みこもう おおらかな手で
時として重すぎる期待に
つぶされそうになるかもしれない
けれど 自由なのだと

僕らは自由なのだと
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:例えば歌が日記だったなら 歌手:入野自由

入野自由の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2019-03-20
商品番号:LACA-15776
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP