試聴する

hana-bira

この曲の表示回数 17,073

君が僕のこと誘ったあの夜は 夏の空に咲く花を二人眺めた
二人距離をそっと埋める手のひらに 強く柔らかな想い 今を信じた

いつも変わらない二人でいよう そんな事考えてた僕に
「綺麗に見える場所じゃなくてもいいよ」って
「二人でいれたらいいから」って

はじけて消えたhana-bira 君が照らされた 僕はそれ見てた
いつまで僕は君のことを守っていけるのかな

家路急ぎ出した 人達(ヒト)を避けてみて
静かなブランコで二人小さく灯をともす

「先に落ちたら 何をしようか」そんなこと言い出した君に
僕の想いは言葉に出来ず「どうか消えないで」そう願うだけで

君の瞳に映る花火(ヒカリ) 二人を包む白い壁
いつまで僕はこの時間を過ごせていれるのかな

言葉よりずっと確かなもの 伝えることに慣れてないけど
上手く君を満たせれますように

はじけて消えたhana-bira 君が照らされた 僕はそれ見てた
いつまで僕は君のことを守っていけるのかな
答えなんてモノわからない いつも変わらない僕と君がいて
見えない何か大きなものに押し潰されぬように
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:hana-bira 歌手:アンダーグラフ

アンダーグラフの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-06-15
商品番号:FLCF-4059
フォーライフ ミュージックエンタテイメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP