試聴する

美しい終末サイクル

この曲の表示回数 187
歌手:

JYOCHO


作詞:

中川大二朗


作曲:

中川大二朗


落ちた花びら つかんでいく
初夏の終わりに

あなたと同じ 切り取った
景色をなぞる 暮らしをしよう

過去は狂っていく世界のルールを決めていく
心はとおく

ベッドに就いた 目を閉じて
僕は止める 全てを止める

すべてに意味があるのならば 受け入れること知るだろう
僕には少し早すぎるから このルールに沿って歩く

風は強く 種が落ちる
雨が降って 記憶は繋がる

通り過ぎていく温度に触れ 大人になるなら
向けられていた優しさへと 応えるだろう

すべてに意味があるのならば 受け入れること知るだろう
僕には少し早すぎるから このルールに沿って歩く
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:美しい終末サイクル 歌手:JYOCHO

JYOCHOの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-12-05
商品番号:NBPC-62
No Big Deal Records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP