さみしくとも明日を待つ

この曲の表示回数 44,059

しゃべりすぎた昨日に河原の石を投げ込む
ほったらかしの今日に波紋の輪響くように

ほら、空絡まりあい 小さくとも動いてる

まぶしすぎる光に目をつむることさえ忘れ
焼き付けた太陽を家の前まで連れ帰る

ほら、空絡まりあい 三次元で動いている

昔のことを懐かしがらせるように
ただそこにある錆びたドアノブや
朝の見えないはずの部屋で僕は

例えるならば儚い木の葉のように
この胸にある小さな宇宙や
朝の見えないはずの部屋で僕は

このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さみしくとも明日を待つ 歌手:スキマスイッチ

スキマスイッチの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-04-20
商品番号:AUCK-19007
BMG JAPAN

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP