哀愁砂漠

キム・ヨンジャ

哀愁砂漠

作詞:岡田冨美子
作曲:ひうら一帆
発売日:2005/04/27
この曲の表示回数:17,136回

哀愁砂漠
日暮れすぎに風が吹くと
もう少し泣きたくて
都会(まち)の砂漠(うみ)に小船浮かべ
ゆらりゆらりと漕いでみる
あんたの夜空(むね)に抱かれて見た
三日月いまも覚えてる
しがみついて信じあって
夢の中を走った

東向きの部屋は朝がしあわせ
朝日浴びるたびに女になれた
笑い顔が消えて愛が終わるときに
男女(ひと)が季節を変える

忘れたくてくちびる噛むと
もう少し欲しくなり
都会(まち)の砂漠(うみ)が荒れる夜は
波をかぶって濡れてゆく
あんたに命かけたことを
後悔なんかしないけど
未練ごころ熱いうちは
どこにいても淋しい

忘れ物を取りに来たふりをして
ドアのボタン押して声を聞かせて
久しぶりに逢えば過去へ帰れそうな
甘い予感がつらい

東向きの部屋は朝がしあわせ
朝日浴びるたびに女になれた
笑い顔が消えて愛が終わるときに
男女(ひと)が季節を変える

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

リアルタイムランキング更新:03:00

  1. V
  2. 君に夢中
  3. 冬が終わる前に
  4. 阿修羅ちゃん
  5. 明日の幸せ

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照

注目度ランキング

  1. 僕らの季節
  2. 料理
  3. 雲外憧憬
  4. クエスチョン
  5. あいのちから

歌ネットのアクセス数を元に作成
サムネイルはAmazonのデータを参照