試聴する

春の嵐

この曲の表示回数 17,741
歌手:

yonige


作詞:

牛丸ありさ


作曲:

牛丸ありさ


片目で君を見る
汗ばむ体温で
安心しているよ
その目線と息遣い

そうして日が暮れる
鬱陶しいほど早く過ぎる
全て満たされた僕たちは
何も面白いことできないよ

またね
次が当たり前にあるみたいに言って
じゃあね
ずっとそこにいるみたいに笑って

だいたいのことは暇つぶし
あの日のことも許して
一世一代のお祭りさ
君はそっといった

今年もお花見出来ないな
道の花びらを踏んで歩こう

不安とか憂鬱が消えて無くなってしまうことは
僕にとって本当に求めてたことなのかな、なんて

ある朝寝ぼけ眼で
見慣れた君にキスして
外では春の嵐が
通り過ぎていった
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:春の嵐 歌手:yonige

yonigeの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018/10/03
商品番号:WPCL-12932
ワーナーミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP