試聴する

溶けた銃口

この曲の表示回数 3,824
歌手:

teto


作詞:

小池貞利


作曲:

小池貞利


不必要な言葉に耳を塞ぐから必要な
言葉を聞き逃してしまったんだろうな
あの夏が過ぎ去ってやっと白くなった吐く息と
共に見える言葉でようやく気付けたから

唯一の救いだった君に渡したあの7インチが
有線となって街の隅から聞こえた
あぁそうだった、この旋律は笑い合えて泣くこともたやすい
自由気ままなものだった

2000年前も今も乗せて

置いてきたあの季節や光景や、
あの星は時代を超えて遊泳し続けているんだろう
ただ溶けた銃口はもう二度と戻らない
君を撃ち抜いた重みは変わらない

あなたがいい 変わらない
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:溶けた銃口 歌手:teto

tetoの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-09-26
商品番号:UKCD-1173
UK.PROJECT

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP