試聴する

夕暮花火

この曲の表示回数 1,765
歌手:

VALSHE


作詞:

VALSHE


作曲:

Shun Sato


窓をたたく蝉時雨
束の間を駆ける日々は
幼すぎた約束を
苦しいほど鮮明にした

夕暮れに並んだ橙
早すぎたと笑った君
伸びた影が重なって
最後は離れていく

さよなら夕暮花火
願うのはせつないままで
今ごろ君はどこかで
誰かと幸せでいますか?

苦手だって避けていた
甘すぎる林檎飴を
いまになって買ったのは
きっとそうただ懐かしさから

燃えあがるとは少し違う
穏やかに佇んだ火が
一層君の横顔を
綺麗に見せたから

どうして黄昏花火
「思い出」と褪せてくれずに
大人になってしまうね
確かに 少しずつ

手も振り返さなかった
またねくらい言えばよかった
当たり前のように明日も会えると思ってた

消えかかった線香花火
君はすぐ僕を待たずに
また新しい花火を点けた
途切れないように

さよなら夕暮花火
願うのはせつないままで
今ごろ君はどこかで
誰かと幸せであればいい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夕暮花火 歌手:VALSHE

VALSHEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2018-08-22
商品番号:JBCZ-9083
ビーイング

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP